居宅介護支援|株式会社ケアネットワーク

居宅介護支援事業

事業方針

居宅介護支援(ケアマネジメント) は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、ケアマネージャーが、利用者の心身の状況や置かれている環境に応じた介護サービスを利用するためのケアプランを作成します。そしてそのプランに基づいて適切なサービスが提供されるよう、事業者や関係機関との連絡・調整を行います。

サービスまでの流れ

居宅介護支援業者と契約
居宅介護支援事業者は居宅サービス計画の作成を行う介護支援専門員(ケアマネージャー)を配置し、介護サービスを提供する事業者と連絡調整を行います。

市区町村に提出

ご利用者様はケアプランを作成してもらう事業者の「居宅サービス計画作成依頼(変更)届出書」と被保険者証を提出します。

現状把握と計画原案の作成

ケアマネージャーはご利用者様やご家族様の状態を把握し、居宅サービス事業者等の情報を提供します。ご利用者様は利用したいサービス事業者を選択します。

サービス担当者と話し合い
ケアマネージャーと利用するサービス提供事業者、ご利用者様・ご家族様と伴に計画の原案を作成します。

ケアプランの作成
サービスの種類・内容をご利用者様の希望に応じて作成されます。

居宅サービス事業者と契約
実際に利用されるサービス提供事業者と契約します。

介護サービスの実施
居宅サービス計画に沿ってサービスが提供されます。

まずはお電話等でご相談下さい。
専門的知識を持ったものが丁寧にわかりやすくお答えします。
場合によっては、ご自宅に訪問し、よりわかりやすくご説明させて頂きます。

サービス提供エリア

居宅介護支援事業は本社にてご提供しております。